..................................

 

自己紹介

 

..................................

 

山口泰子(広島市在住)

 

一男一女の母。

好きな言葉『笑う門には福来る』

 

 

2003年に11年間勤めた県警を辞め、

身体をととのえる仕事を始めた夫のサポートへ。

 

夫が始めた、エネルギーというものを使って身体をととのえる不思議な世界を知り、

自分も興味を持つようになり「エネルギーを使うこと」を少しずつ重ねていきました。

 

そのおかげもあり、

見えないものを信じることは、ごく自然に強さを増していきました。

 

 

それから数年後、

前世鑑定をされる方との出会いをきっかけに

さらに見えないものへの関わり方や考え方が変わり始め、

見えないものや聞こえない音を

目や耳などの「カタチある世界」へ向けての機能でなく、

「カタチない世界」へ向けての機能の部分で感覚的にでとらえるようになりました。

 

 

そして、自分自身の過去世を何度も何度も読みとり、

カルマをとかして、自分自身へのメッセージを感じとりながら

自分にできることを追いかける中で

「みたまリーディング」

というスタイルに辿り着き、

「自分で立つ場」

として、2009年12月1日に

本格的に始動しました。

 

 

そして、

お客さまとのセッションや

日常で感じとる機会が増えるごとに、

みたまとの関りが自分の「生きること」と

重なっていることに気づき、

それがあたりまえに感じられる今があります。

 

 

みたまを大切に思う気持ちと

みたまでできた「人」「もの」「土地」。。。を大切に思う気持ちの

偏りがなだらかになってこれたのも、

そもそも「みたま」なのだから、そうなのかもしれません(^^)

 

 

これからも、みたまの一部としてみたまを受け取り、

伝えさせていただきたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>